みつばさのかげ

一日一章、聖書のみことばから感動したこと、考えさせられたことなどを綴ります。

目指す目標

この命令が目指す目標は、きよい心と健全な良心と偽りのない信仰から生まれる愛です。(1テモテ1:5)

 

『テモテへの第一の手紙』に入る。

テモテは、パウロの手紙に何度となく登場する。

 

神のみこころによるキリスト・イエス使徒パウロと、兄弟テモテから、・・・(2コリント1:1)

 

このような、パウロと並んだ署名で始まる手紙が6つもある。(2コリント、ピリピ、コロサイ、1テサロニケ、2テサロニケ、ピレモン)

いかにパウロから絶大な信頼を寄せられていたか、ということだ。

 

そのパウロが直接テモテに向けて書いたのが、この手紙だ。

 

信仰による、真のわが子テモテへ。(2)

 

パウロはテモテを、ほんとうにわが子のように愛し、信頼したのだろう。

 

冒頭のみことばでパウロは、目指すべき最終目標を「愛」だと明示した。

そして、その「愛」は、きよい心、健全な良心、偽りのない信仰から生まれると。

 

「健全な良心」ということは、「不健全な良心」があるということか。

要するに、部分的な良心ではなく、全面的に良心の呵責がないことを「健全な良心」というのかと思う。

 

目標をはっきり見定めておくことがなぜ大事かといえば、むなしいことに迷い込まないためだ。

 

ある人たちはこれらのものを見失い、むなしい議論に迷い込み、律法の教師でありたいと望みながら、自分の言っていることも、確信をもって主張している事柄についても理解していません。(6-7)

 

目指すものが明確であるほど、必要なものと不必要なものとをはっきり見分けることができる。

反対に目標があいまいだと、不必要なことに関わり合って無駄な時間を過ごすことになる。

 

ここでは特に、「議論」に注意するよう示されている。

だいたいにおいて、男は議論好きだ。

わたしの経験から言っても、議論において、「愛」によって議論することはまずない。

相手を打ち負かそうとしたり、相手より自分を大きく見せようとする場合がほとんどだ。

重々気をつけよう。

 

わたしたちも、いま一度、「愛」という目標をはっきり受け取り、迷いなく進んでいきたいものである。

 

私の子テモテよ。以前あなたについてなされた預言にしたがって、私はあなたにこの命令を委ねます。それは、あなたがあの預言によって、信仰と健全な良心を保ち、立派に戦い抜くためです。(18)

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

神の愛とキリストの忍耐

主があなたがたの心を導いて、神の愛とキリストの忍耐に向けさせてくださいますように。(2テサロニケ3:5)

 

この箇所は、以前の新改訳では次のように訳されていた。

 

どうか、主があなたがたの心を導いて、神の愛とキリストの忍耐とを持たせてくださいますように。(新改訳第三版)

 

わたしたちの心が「神の愛」と「キリストの忍耐」に向けられ、それに準ずることができるようにという祈りだ。

 

今回この3章は、特に心に響いた。

というより、こたえた。

ズシンと重い課題を、主から与えられた気がしている。

よって、いつもそうではあるが、今回は特に、自分自身に向かって書いておく。

 

パウロは上のみことばを述べたとき、当然そのあとにつづく内容を念頭に置いていた。

 

兄弟たち、私たちの主イエス・キリストの名によって命じます。怠惰な歩みをして、私たちから受け継いだ教えに従わない兄弟は、みな避けなさい。どのように私たちを見習うべきか、あなたがた自身が知っているのです。あなたがたの間で、私たちは怠惰に暮らすことはなく、人からただでもらったパンを食べることもしませんでした。むしろ、あなたがたのだれにも負担をかけないように、夜昼、労し苦しみながら働きました。(6-8)

 

「怠惰な歩み」の箇所は、以前の訳では「締まりのない歩み方」となっていた。

そのような者は、たとえ兄弟であっても「避けなさい」と、非常に強い言葉を使っている。

 

エスさまは、有名なタラントのたとえにおいて、それぞれのタラントを十分に生かした者が「よくやった。良い忠実なしもべだ」と褒められたという話をされた。

「怠惰な歩み」とは、タラントを土に隠したり、あるいは十分に生かし切っていない歩みのことと言えるのではないか。

 

心のどこかに、安逸を貪ったり、犠牲を避けようとする思いがないか。

 

神の愛とキリストの忍耐に向けさせてくださいますように。

 

「キリストの忍耐」に、安逸さはあり得ない。

 

あなたがたのところにいたとき、働きたくない者は食べるな、と私たちは命じました。ところが、あなたがたの中には、怠惰な歩みをしている人たち、何も仕事をせずにおせっかいばかり焼いている人たちがいると聞いています。そのような人たちに、主イエス・キリストによって命じ、勧めます。落ち着いて仕事をし、自分で得たパンを食べなさい。兄弟たち、あなたがたは、たゆまず良い働きをしなさい。(10-13)

 

怠惰で締まりのない歩み方は、外の人たちにもつまずきとなる。

「神の愛」と「キリストの忍耐」により最善を尽くしなさいと、主が語っておられる気がしている。

 

幸いなことよ。すべて主を恐れ、

主の道を歩む者は。

あなたは、自分の手の勤労の実を食べるとき、

幸福で、しあわせであろう。

詩篇128:1-2新改訳第三版)

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

 

不法の者

どんな手段によっても、だれにもだまされてはいけません。まず背教が起こり、不法の者、すなわち滅びの子が現れなければ、主の日は来ないのです。(2テサロニケ2:3)

 

2章は、非常に印象的だ。

「主の日」の前に現れる「不法の者」「滅びの子」について、詳しく語っている。

「不法の者」が現れてから「主の日」、すなわち主イエスの再臨が来るのであって、それはこれからのちに起こることだから慌てないようにと、パウロは諭している。

 

不法の者は、すべて神と呼ばれるもの、礼拝されるものに対抗して自分を高く上げ、ついには自分こそ神であると宣言して、神の宮に座ることになります。(4)

 

この性質はまさにサタンそのものであるが、それもそのはず、彼はサタンから送られるとパウロは言う。

 

不法の者は、サタンの働きによって到来し、あらゆる力、偽りのしるしと不思議、また、あらゆる悪の欺きをもって、滅びる者たちに臨みます。(9-10)

 

彼はおそらく、世界史上稀に見るほどの“魅力的な”人物であろう。

世界平和の使者のように振る舞い、だれも成し得なかったことを次々と成功させ、世界中から尊敬と称賛を得る。

 

そのような一見すばらしいものに見える流れの背後に何が働いているかについては、聖書をとおしてはじめて知ることができる。

 

だれにもだまされてはいけません。(3)

 

世界は間違いなく、聖書の示す方向へと向かっている。

それは、主を信頼する者にとっては希望であり、平安の根拠だ。

だからこそ、この終わりの時にあって、目を覚まし、地上の歩みを全うしたいものだと思う。

 

ですから兄弟たち。堅く立って、語ったことばであれ手紙であれ、わたしたちから学んだ教えをしっかりと守りなさい。どうか、私たちの主イエス・キリストと、私たちの父なる神、すなわち、私たちを愛し、永遠の慰めとすばらしい望みを恵みによって与えてくださった方ご自身が、あなたがたの心を慰め、強めて、あらゆる良いわざとことばに進ませてくださいますように。(15-17)

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

神の正しいさばき

それは、あなたがたを神の国にふさわしいものと認める、神の正しいさばきがあることの証拠です。あなたがたが苦しみを受けているのは、この神の国のためです。(2テサロニケ1:5)

 

パウロは、この『テサロニケ人への第二の手紙』の冒頭で、教会の苦しみと、神の正しいさばきについて述べている。

 

あなたがたはあらゆる迫害と苦難に耐えながら、忍耐と信仰を保っています。(4)

 

迫害、苦難は「神の国のため」だと、パウロは励ました。

神は正しくさばかれる、と。

 

神にとって正しいこととは、あなたがたを苦しめる者には、報いとして苦しみを与え、苦しめられているあなたがたには、私たちとともに、報いとして安息を与えることです。このことは、主イエスが、燃える炎の中に、力ある御使いたちとともに天から現れるときに起こります。(7)

 

ここでも第一の手紙と同じく、主の再臨について言及している。

いつかはわからないが、かならずそれは起きる。

ただし、処女懐胎もそうであったように、一度きりしか起きないため、科学的に証明することはできない。

 

主は、神を知らない人々や、私たちの主イエスの福音に従わない人々に罰を与えられます。そのような者たちは、永遠の滅びという刑罰を受け、主の御前から、そして、その御力の栄光から退けられることになります。(9)

 

恐ろしいことが書いてある。

この世では死刑のことを“極刑”というが、「永遠の滅び」という“ほんとうの極刑”は死後に来るのだ。

 

エスさまも、ご自身の再臨とさばきについて語られたことがある。

 

「不正な裁判官が言っていることを聞きなさい。まして神は、昼も夜も神に叫び求めている、選ばれた者たちのためにさばきを行わないで、いつまでも放っておかれることがあるでしょうか。あなたがたに言いますが、神は彼らのため、速やかにさばきを行ってくださいます。だが、人の子が来るとき、はたして地上に信仰が見られるでしょうか」(ルカ18:6-8)

 

ここでイエスさまは、地上に信仰が見られるかどうか、と問いかけられた。

 

このみことばを読むと、わたしは拉致被害者横田めぐみさんとそのご家族を思わずにはおれない。

周知のとおり、お母様の早紀江さんはめぐみさんを失ったあとイエス・キリストを信じた。

失踪前に、めぐみさんが「キリストの話を聞いた」と言ってきたのを覚えていたという。

お父様の滋さんも、長年娘の奪還のために戦い、晩年には受洗もされたが、昨年天の御国に昇られた。

このご家族の戦いの重さは、いかばかりであろう。

切に祈りたい。

 

あなたがたの中に苦しんでいる人がいれば、その人は祈りなさい。(ヤコブ5:13)

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

絶えず祈りなさい

いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべてのことにおいて感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。(1テサロニケ5:16-18)

 

みことばのカードや置物などによく書かれている、有名な言葉だ。

 

「神が望んでおられることです」とある。

「神が命令しておられること」ではない。

このみことばを、律法として、クリアすべき課題や受け入れられる基準としてとらえたなら、こんなにしんどいことはない。

 

「いつも喜ばなければならない。絶えず祈らなければならない。すべてのことにおいて感謝しなければならない・・・」

 

なんだか違う言葉に聞こえてくる。

 

わたしたちを愛し、ご自身の宝として扱ってくださるお方が、「望んでおられること」なのだ。

そこに立たなければ、そもそもできるものではない。

 

天の御国の人たちを想像してみよう。

喜びを失い、うなだれている人がいるだろうか。

神をすっかり忘れ、目の前のことに忙殺されている人がいるだろうか。

口を開けば不平不満に愚痴ばかり、という人がいるだろうか。

 

そんなことはないだろう。

 

キリスト者は、天国の前味を味わう者だそうだ。

ならば、地上にありながら、天の御国の住民のように歩みたい。

 

「キリスト・イエスにあって」歩むならば、主が成し遂げてくださる。

常に空を向くパラボラアンテナのように、心を主に向けて、喜び、祈り、感謝しつつ歩もう。

 

平和の神ご自身が、あなたがたを完全に聖なるものとしてくださいますように。あなたがたの霊、たましい、からだのすべてが、私たちの主イエス・キリストの来臨のときに、責められるところのないものとして保たれていますように。あなたがたを召された方は真実ですから、そのようにしてくださいます。(23-24)

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

眠っている人たちについて

眠っている人たちについては、兄弟たち、あなたがたに知らずにいてほしくありません。あなたがたが、望みのない他の人々のように悲しまないためです。(1テサロニケ4:13)

 

エスさまは、弟ラザロを亡くしたマルタに、次のように言われた。

 

「わたしはよみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は死んでも生きるのです。また、生きていてわたしを信じる者はみな、永遠に決して死ぬことがありません。あなたは、このことを信じますか。」(ヨハネ11:25-16)

 

主イエスを信じる者は、死んでも死なない。

死ぬのではなく、眠るにすぎない。

 

「わたしたちの友ラザロは眠ってしまいました。わたしは彼を起こしに行きます。」(ヨハネ11:11)

 

殉教したステパノの最期についても、聖書はこう告げている。

 

こう言って、彼は眠りについた。(使徒7:60)

 

先に眠った人たちについて、パウロは言う。

 

エスが死んで復活された、と私たちが信じているなら、神はまた同じように、イエスにあって眠った人たちを、イエスとともに連れて来られるはずです。(14)

 

彼らは、イエスさまとともにやって来る。

 

私たちは主のことばによって、あなたがたに伝えます。生きている私たちは、主の来臨まで残っているなら、眠った人たちより先になることは決してありません。すなわち、号令と御使いのかしらの声と神のラッパの響きとともに、主ご自身が天から下って来られます。そしてまず、キリストにある死者がよみがえり、 それから、生き残っている私たちが、彼らと一緒に雲に包まれて引き上げられ、空中で主と会うのです。こうして私たちは、いつまでも主とともにいることになります。(16-17)

 

ここに記されていることは、多くの人にとっては荒唐無稽なたわ言と思えるだろうが、主を信じる者たちにとっては大きな希望だ。

わたしたちは主と会うだけてなく、先に眠った人たちとも再会する。

懐かしいあの人も、またあの人も、そこにいる。

 

パウロはこの4章の前半で、聖くあることや愛し合うこと、さらにはきちんと働くことの大切さを説いている。

そのように歩んでこそ、安心して眠りにつくことができるというものだろう。

良き眠りに入るためにも、地上の日々をしっかり歩みたいものである。

 

わが子よ、見失ってはならない。

知性と思慮をよく見守れ。

それらは、たましいのいのちとなり、

あなたの首に麗しさを添える。

こうして、安心して自分の道を歩み、

あなたの足はつまずかない。

横たわるとき、あなたに恐れはない。

休むとき、眠りは心地よい。

にわかに起こる恐怖に、

悪しき者たちの来襲に、おびえるな。

主があなたの頼みであり、

足が罠にかからないように、

守ってくださるから。(箴言3:21-26)

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

主にあって堅く立っているなら

あなたがたが主にあって堅く立っているなら、今、私たちの心は生き返るからです。(1テサロニケ3:8)

 

「お正月は3人の息子の家族たちと、みんなでテレビ電話したんですよ」

先日、あるご婦人からそんな話を伺った。

いわゆる“オンライン帰省”だ。

今年はきっと日本中の至るところで、同じような光景が見られたことだろう。

 

いまはこのように会いたいと思えばすぐにつながり、顔を見たり、声を聞いたりして、元気に過ごしていることを確認できる。

 

しかしパウロの時代は、パソコンも無ければ電話も無い。

したがってパウロは、親が子の安否を心配するように、生まれたての教会を案じた。

 

私たちは、あなたがたの顔を見て、あなたがたの信仰で不足しているものを補うことができるようにと、夜昼、熱心に祈っています。(10)

 

エスさまは弟子たちを遣わすときに、「狼の中に羊を送り出すようなものだ」と言われたが、まさにパウロは、教会が狼の襲来から守られるようにと「熱心に祈って」いたのだ。

 

そういうわけで、私ももはや耐えられなくなって、あなたがたの信仰の様子を知るために、テモテを遣わしたのです。それは、誘惑する者があなたがたを誘惑して、私たちの労苦が無駄にならないようにするためでした。(5)

 

パウロは3章の終わりに、教会のための祈りを二つ記している。

ひとつは、彼らの互いの愛がますます豊かになることだ。

 

私たちがあなたがたを愛しているように、あなたがたの互いに対する愛を、またすべての人に対する愛を、主が豊かにし、あふれさせてくださいますように。(12)

 

もうひとつは、教会が主の再臨のときに御前に聖く立てることだ。

 

そして、あなたがたの心を強めて、私たちの主イエスがご自分のすべての聖徒たちとともに来られるときに、私たちの父である神の御前で、聖であり、責められるところのない者としてくださいますように。アーメン。(13)

 

主の再臨のときは、日に日に近くなっている。

これら二つの祈りを、キリストのからだなる教会を思いつつ、熱心にささげようではないか。

 

ほかにもいろいろなことがありますが、さらに、日々私に重荷となっている、すべての教会への心づかいがあります。だれかが弱くなっているときに、私は弱くならないでしょうか。だれかがつまずいていて、私は心が激しく痛まないでしょうか。(2コリント11:28-29)

  

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村