みつばさのかげ

一日一章、聖書のみことばから感動したこと、考えさせられたことなどを綴ります。

砕かれた心

神へのいけにえは、砕かれた霊。打たれ、砕かれた心。神よ、あなたはそれを蔑まれません。(詩篇51:17)

 

昨今、「自己肯定感」の大切さが声高に語られる。

自分は価値がある、素晴らしい存在だと信じる心は、人が健やかに成長する上で、たしかに大切なものだろう。

しかし、その根拠は何だろうか。

自分はすごいんだ、素晴らしいんだというのは、少し違う気がする。

「自己肯定感」の確かな根拠は、神の愛にあると、わたしは思う。

 

聖書は、一人ひとりは神によって愛されており、神の目に高価で尊い、と教えている。

と同時に、一人ひとりの内側には、神への敵対という恐ろしい闇があり、一人残らず神からさばかれるべき“罪人”だと言っているのだ。

 

自分の恐るべき罪に光が与えられ、心から打ち砕かれるとき、不思議なことに、わたしたちは最も神に近づく。

神の愛無しの「自己肯定感」は、人を救いから遠ざけ、誤った自己認識に陥らせる。

 

ダビデは、自分の罪を知らされたとき、最も神に近づいた。

 

神よ、私をあわれんでください。あなたの恵みにしたがって。私の背きをぬぐい去ってください。あなたの豊かなあわれみによって。私の咎を、私からすっかり洗い去り、私の罪から、私をきよめてください。(1-2)

 

聖書は、人間を立派にする書物ではない。

打ち砕き、神に引き寄せる書物だ。

 

ヒソプで私の罪を除いてください。そうすれば私はきよくなります。私を洗ってください。そうすれば、私は雪よりも白くなります。(7)

 

人はいくら自分を磨いても、きよくなり得ない。

ただ主のあわれみによって、きよめていただくほかない。

それは、あわれな罪人として、砕かれた心をもって、神に近づく人だけになされることだ。

 

どれほど多くの人が、この51篇によって神に近づいたことだろう。

 

ペテロもそうだったに違いない。

 

ペテロは、「鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言います」と言われたイエスのことばを思い出した。そして、外に出て行って激しく泣いた。(マタイ26:75)

 

パウロもそうだ。

 

彼は三日間、目が見えず、食べることも飲むこともしなかった。(使徒9:9)

 

心砕かれるのは、つらいことだ。

しかし、そのとき、喜びが満ちてくる。

日々、砕かれた心で、主の前にへりくだって歩みたい。

 

「一方、取税人は遠く離れて立ち、目を天に向けようともせず、自分の胸をたたいて言った。『神様、罪人の私をあわれんでください。』」あなたがたに言いますが、義と認められて家に帰ったのは、あのパリサイ人ではなく、この人です。だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるのです。」(ルカ18:13-14)

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

自分の道を正しくする人に

「自分の道を正しくする人に、わたしは神の救いを見せる。」(詩篇50:23)

 

50篇は、天地の審判者としての神のことばだ。

 

神は上なる天を、また地を呼び集められる。ご自分の民をさばくために。(4)

 

天は神の義を告げ知らせる。神こそが審判者であると。(6)

 

内容は、

  1. 「敬虔な者」(5)へのことば
  2. 「悪しき者」(16)へのことば

の二つに分かれている。

 

 

1.「敬虔な者」に

 

「聞け、わが民よ。わたしは語ろう。・・・あなたのいけにえのことであなたを責めるのではない。あなたの全焼のささげ者は、いつもわたしの前にある。」(7-8)

 

神は「森のすべての獣はわたしのもの」(10)とし、それらのささげ物を求めているのではない、と語る。

 

「感謝のいけにえを神に献げよ。」(14)

 

神が求めておられるのは「感謝のいけにえ」だ。

それは神がお喜びになるだけでなく、わたしたちを内側から元気にする。

 

ああ、私のなんと感謝の少ないことだろう。

身の回りの小さなことも、ひとつひとつ挙げて、感謝する時間を持とう。

 

「苦難の日に、わたしを呼び求めよ。わたしはあなたを助け出し、あなたはわたしをあがめる。」(15)

 

神が求めておられるのは、わたしたちが強くなることではなく、神を呼び求めることだ。

立派になれと言われたら戸惑うが、「わたしを呼び求めよ」ならできるのではないか。

ありがたいことだ。

 

 

2.「悪しき者」に

 

「何事か。おまえがわたしのおきてを語り、わたしの契約を口にするとは。」(16)

 

ここからのことばは、非常に厳しい。

「悪しき者」は、神を神と思わず、ないがしろにしている者、ではない。

神のおきて、神の契約について語っている者なのだ。

 

神のことばを語りながら、彼は「姦通する者と親しく」し(18)、「口は悪を放ち」(19)、「兄弟の悪口を言」う(20)。

 

「こういうことをおまえはしてきたが、わたしは黙っていた。わたしがおまえと等しい者だと、おまえは思っていたのだ。わたしはおまえを責める。おまえの目の前でこれらのことを並べ立てる。」(21)

 

神を侮ることは、神を自分と変わらない者とすることだ。

実に恐ろしいことだが、いつの間にか、そういう者になっている自分がある。

 

「神を忘れる者どもよ、さあ、このことをよくわきまえよ。そうでないと、わたしはおまえたちを引き裂き、救い出す者もいなくなる。」(22)

 

神から見捨てられたら、終わりだ。

神はいつまでも侮られたままではおられない。

 

最後に、救いの道が示される。

 

「感謝のいけにえを献げる者は、わたしをあがめる。自分の道を正しくする人に、わたしは神の救いを見せる。」(23)

 

「神の救い」を見たいとは思わないだろうか。

それならば、「自分の道を正しくする」しかない。

そうすれば、「神の救いを見せる」と約束されている。

いま一度、居ずまいを正し、神の御前にへりくだろう。

 

思い違いをしてはいけません。神は侮られるような方ではありません。人は種を蒔けば、刈り取りもすることになります。・・・失望せずに善を行いましょう。あきらめずに続ければ、時が来て刈り取ることになります。(ガラテヤ6:7・9)

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

滅び失せる獣に等しい

人は栄華のうちにあっても、悟ることがなければ、滅び失せる獣に等しい。(詩篇49:20)

 

49篇は、知恵者が国々に語りかけることばになっている。

 

すべて国々の民よ、これを聞け。すべて世に住む者よ、耳を傾けよ。低い者も高い者も、富む者も貧しい者も、ともどもに。私の口は知恵を語り、私の心は英知を告げる。(1-3)

 

どこかソロモン王のことばを思わせる出だしだ。

 

なぜ、私はわざわいの日々に、恐れなければならないのか。私のかかとを狙う者の悪意が、私を取り囲むときに。彼らは、自分の財産に拠り頼み、豊かな富を誇っている。(5-6)

 

人は富者をうらやむが、それは同時に「恐れ」にもつながる。

金持ちだ、資産家だ、というだけで、何か偉大な力を持つかのように思ってしまう。

 

恐れるな。人が富を得ても、その人の家の栄誉が増し加わっても。(16)

 

知恵者は、どんなに偉大に見える成功者であっても「恐れるな」と呼びかける。

なぜか?

 

人は死ぬとき、何一つ持って行くことはできず、その栄誉も、その人を追って下ることはない。(17)

 

彼は見る。知恵のある者たちが死に、愚かな者、浅はかな者も等しく滅び、自分の財産を他人に残すのを。彼らの心の中では、その家は永遠で、住まいは代々に及ぶ。彼らは、土地に自分たちの名をつける。しかし、人は栄華のうちにとどまれない。人は滅び失せる獣に等しい。(10-12)

 

どんなに栄えようと、代々に渡って続くと考えようと、自分たちの名をつけようと、獣同様に人はみな土に帰る。

なんということだろう。

 

かつて世界にその名をとどろかせた家々も、みな滅び失せた。

これが現実だ。

ただ、主なる神に連なる者だけが、この空しさから解放される。

 

しかし、神は私のたましいを贖い出し、よみの手から、私を奪い返してくださる。(15)

 

知恵者は言う。

 

人は栄華のうちにあっても、悟ることがなければ、滅び失せる獣に等しい。(20)

 

何を恐れるべきであり、何が悟りであるのか?

ソロモン王が、こう教えてくれている。

 

主を恐れることは知恵の初め、聖なる方を知ることは悟ることである。(箴言9:10)

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

私たちは聞いたとおりを見た

私たちは聞いたとおりを見た。万軍の主の都、私たちの神の都で。神は都をとこしえに堅く立てられる。(詩篇48:8)

 

48篇は、「神の都」「シオンの山」を巡る賛歌だ。

 

主は大いなる方。大いにほめたたえられるべき方。主の聖なる山、私たちの神の都で。高嶺の麗しさは、全地の喜び。北の端なるシオンの山は大王の都。(1-2)

 

シオンとあることから、これはやはりエルサレムの都だろうか。

そこは神の臨在と祝福があり、敵も近づけない。

 

見よ、王たちは集って、ともどもにやって来た。彼らは、見ると驚き、おじ惑い、慌てた。その場で震えが彼らをとらえた。子を産むときのような激しい痛みが。(5-6)

 

神の民は、昔から聞いていたとおりに、神の都のすばらしさを見る。

 

私たちは聞いたとおりを見た。万軍の主の都、私たちの神の都で。神は都をとこしえに堅く立てられる。(8)

 

神の民は、神の恵みを思い、神の正しいさばきを喜ぶ。

 

神よ、私たちはあなたの宮の中で、あなたの恵みを思いました。神よ、あなたの御名と同じく、あなたの誉れは地の果てにまで及んでいます。あなたの右の手は義に満ちています。あなたのさばきのゆえに、シオンの山が喜び、ユダの娘たちが楽しみますように。(9-11)

 

神の都で、民はとこしえに神とともにある。

 

この方こそまさしく神。世々限りなく、われらの神。神は、死を越えて私たちを導かれる。(14)

 

キリストを信じる者たちは、この都こそ、神が将来用意しておられる「御国」であり、「都」であると確信できる。

 

都には神の栄光があった。その輝きは最高の宝石に似ていて、透き通った碧玉のようであった。(黙示録21:11)

 

大好きな聖歌を思い出した。

 

来たれ友よ ともにイエスの 

みくらのまわりを 楽しき声もて

歌い巡らん 巡り歌わん

歌い進まん 天つ家を指して

いざ歌い進まん シオンの都へ

  

いつの日か、わたしたちはかならずそこに導かれる。

楽しみに待ち望みつつ、地上を歩んでいこう。

 

「小さな群れよ、恐れることはありません。あなたがたの父は、喜んであなたがたに御国を与えてくださるのです。」(ルカ12:32)

 

彼女は王に言った。「私が国であなたの事情とあなたの知恵について聞き及んでいたことは、本当でした。私は自分で来て、自分の目で見るまでは、そのことを信じなかったのですが、なんと、私にはその半分も知らされていなかったのです。あなたの知恵と繁栄は、私が聞いていたうわさより、はるかにまさっています。」(1列王記10:6-7)

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

アブラハムの神の民

国々の民の高貴な者たちは集められた。アブラハムの神の民として。(詩篇47:9)

 

聖書が何度読んでも飽きない理由の一つは、あの分厚さにあるのではないだろうか。

10ページ程度であれば、頑張れば暗記できるかもしれないが、なにせあれだけの分量だ。

読むたびに、はじめて目にするようなことばに出会う。

上のことばも、その一つ。

 

47篇は、神は全地と国々を治める王であり、われらの国に国々を従属させられる、だからほめ歌え、という内容だ。

 

まことに、いと高き方主は恐るべき方。全地を治める、大いなる王。国々の民を私たちのもとに、もろもろの国民を私たちの足もとに従わせられる。(2-3)

 

神は国々を統べ治めておられる。神はその聖なる王座に着いておられる。(8)

 

ユダヤ主義的な読み方をすれば、主はイスラエルの味方であり、国々をイスラエルに従わせられる、という意味になる。

しかし、キリストの福音的な読み方をすれば、イエスに対する信仰により救われた者たちを、主は特別に祝福されるというようにも読める。

 

冒頭の9節では、「アブラハムの神の民」という言葉が出てくる。

これも、ユダヤ主義的にとればイスラエル民族であり、福音的にとればキリストを信じる者たちとなる。

 

ちなみに、この箇所は他の訳ではこうなっている。

 

諸国の民から自由な人々が集められアブラハムの神の民となる。(新共同訳)

 

もろもろの民の君たちはつどい来て、アブラハムの神の民となる。(口語訳)

 

もろもろの民の諸侯(きみたち)はつどひきたりてアブラハムの神の民となれり。(文語訳)

 

前半は少々異なるが、後半は「アブラハムの神の民」で一致している。

 

パウロは手紙の中で、信仰による人々こそアブラハムの子孫だと論じた。

 

そのようなわけで、すべては信仰によるのです。それは、事が恵みによるようになるためです。こうして、約束がすべての子孫に、すなわち、律法を持つ人々だけでなく、アブラハムの信仰に倣う人々にも保証されるのです。アブラハムは、私たちすべての者の父です。(ローマ4:16)

 

アブラハムは神を信じた。それで、それが彼の義と認められた」とあるとおりです。ですから、信仰によって生きる人々こそアブラハムの子である、と知りなさい。(ガラテヤ3:6-7)

 

パウロの言葉は当時のユダヤ社会において命を賭けるほどの爆弾発言であったが、これこそ彼に与えられた上からの光、主の啓示であった。

 

新約時代に信仰により救われたわたしたちは、「アブラハムの神の民」がわたしたち自身であると確信でき、だからこそ心からの賛美をささげることができるのだ。

 

ほめ歌を歌え。神にほめ歌を歌え。ほめ歌を歌え。私たちの王にほめ歌を歌え。まことに神は全地の王。ことばの限りほめ歌を歌え。(6-7)

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

知れ。わたしこそ神。

「やめよ。知れ。わたしこそ神。わたしは国々の間であがめられ、地の上であがめられる。」(詩篇46:10)

 

46篇は、いまの世界的コロナパンデミックの様相を思わせる。

見てみよう。

 

神は、われらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある強き助け。それゆえ、われらは恐れない。たとえ地が変わり、山々が揺れ、海のただ中に移るとも。たとえその水が立ち騒ぎ、泡立っても、その水かさが増し、山々が揺れ動いても。(1-3)

 

天地がひっくり返るほどの事態の中で、人々は「これはどうなるのか」とおじ惑う。

しかし、まことの神を知る者は、神のみもとに避け所を見出す。

そこはどのような場所だろうか。

 

川がある。その豊かな流れは、神の都を喜ばせる。いと高き方のおられる、その聖なる所を。神はそのただ中におられ、その都は揺るがない。神は朝明けまでに、これを助けられる。(4-5)

 

そこは神の祝福あふれる、聖なる場所で、揺るぐことがない。

 

国々は立ち騒ぎ、諸方の王国は揺らぐ。神が御声を発せられると、地は溶ける。万軍の主はわれらとともにおられる。ヤコブの神はわれらの砦である。(6-7)

 

神の指ひとつで、地はどうとでもなるのだ。

人間が「神は死んだ」と豪語したところで、その事実は変わらない。

まことの神は、ご自身を信頼する者とともにいてくださる。

 

来て、見よ。主のみわざを。主は地で恐るべきことをなされた。主は、地の果てまでも戦いをやめさせる。弓をへし折り、槍を断ち切り、戦車を火で焼かれる。(8-9)

 

世界がパニックに陥るとき、戦争どころではなくなる。

そうしてはじめて“平和”が実現するのは、皮肉なことだ。

 

「やめよ。知れ。わたしこそ神。わたしは国々の間であがめられ、地の上であがめられる。」万軍の主はわれらとともにおられる。ヤコブの神はわれらの砦である。(10-11)

 

「わたしこそ神」。

聖書はこのメッセージで満ちている。

 

人は言う。

「神なんて、想像上のものでしょう。これだけ宗教があり、いろんな価値観があるんだから」

そう言う人も、その価値観を信じている。

はっきりと言えることは、無数の価値観や世界観があっても、“真実は一つだけ”ということだ。

どれかが本当、なのだ。

 

聖書より古い書物は見つかっていない。

その一行目に、すでにこうある。

 

はじめに神が天と地を創造された。(創世記1:1)

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

あなたの唇からは優しさが流れ出る

あなたは人の子らにまさって麗しい。あなたの唇からは優しさが流れ出る。神がとこしえにあなたを祝福しておられるからだ。(詩篇45:2)

 

45篇は、詩篇の中でも異色だ。

誰かはわからないが、附属の解説によれば「王の結婚の祝歌」ということだ。

詩人は、王の婚宴にあたり、王をほめたたえる歌を書いた。(1)

それがそのまま、後のキリストの賛歌になっているように見える。

 

2節では、王の麗しさと、言葉の優しさが賛美される。

そのような唇の者になりたいと思う。

唇から、愚痴や皮肉や傲慢の言葉でなく、「優しさが流れ出る」者に。

 

悪いことばを、いっさい口から出してはいけません。むしろ、必要なときに、人の成長に役立つことばを語り、聞く人に恵みを与えなさい。(エペソ4:29)

 

王は、神の祝福ゆえに無敵であり、世々に渡って支配したもう。

 

あなたの矢は鋭い。国々の民はあなたのもとに倒れ、王の敵は気を失う。神よ、あなたの王座は世々限りなく、あなたの王国の杖は公平の杖。(5-6)

 

9節以降に、王妃が登場する。

 

あなたの貴婦人たちの中には諸国の王の娘らもいて、王妃はあなたの右に立つ。オフィルの金を身に着けて。(9)

 

10節は、特に印象的だ。

 

娘よ、聞け。心して耳を傾けよ。あなたの民と、あなたの父の家を忘れよ。(10)

 

学生時代、ある教授がこんなことを力説したのを思い出す。

「人のために生きるというが、家族のため、地域のため、そして日本のため。ここでストップだ。世界のためとか言うのは、偽善である」

 

またあるときは、教会に来た男性が会衆に向かって、こう言うのを聞いた。

「神のためとか、イエスのためとか言いますが、日本には日本の素晴らしい伝統があるのだから、それをきちんと教えるべきです」

 

わたしたちキリスト者は、先祖から伝わった古い生き方から解放され、新しい生き方に生まれ変わった。

だからといって、日本を捨て、家を捨てるわけではない。

誤った因習からは解放されるものの、母国や親をないがしろにするわけではないのだ。

内村鑑三が、「『二つのJ(Jesus とJapan)』に仕える」と言ったとおりだ。

 

わたしたちは日本人であると同時に、「キリストの花嫁」として「神の民」であり、「神の家族」なのだ。

 

私はあなたの名を、代々にわたって呼び求めよう。それゆえ、国々の民は世々限りなくあなたをほめたたえよう。(17)

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村